ワキガ臭には色々種類がある?汗の臭いとワキガ臭は違う?!

ワキガの臭いは色々な臭いに例えられることが多く、臭いの種類があったり臭いの度合いも人それぞれです。

 

どんな臭いかを知らない場合は「まさか自分がワキガだったの?!」と気が付かなかったという方もいるようです。

 

ここでは、ワキガ臭の種類や特徴・汗の臭いとの違いやワキガ臭を防ぐ方法などを解説していきます。

 

ワキガ臭の対策をするためにも、自分がワキガなのか?どんな臭いなのかを知っておきましょう!

 

ワキガ臭と汗の臭いには違いがある

ワキガ臭と汗の臭いには違いがあります。

 

ワキガ臭の自覚が無い人は、そもそもワキガ臭がどのような臭いなのか知らない場合が多いので、ワキガ臭の対策ができないことがあります。

 

ここでは、それぞれの臭いの違いと、その理由について探っていきます。

 

臭いの違いについて

汗はもともと無臭なのですが、雑菌や皮脂と混ざることで汗臭が発生します。

 

ですので、汗臭さは誰にでも起こると言えます。

 

汗の臭いは一般的には「ツン」とした酸っぱいような臭いと言われています。

 

それに対し、ワキガ臭として代表的に例えられている臭いは「鉛筆 たまねぎ グレープフルーツ 納豆 ネギ カレー」などです。

 

こうして比べてみると、だいぶ違いがありますね。

 

次は、ワキガ臭と汗臭がなぜ違うのかをご紹介していきます。

 

臭いが違う原因は汗腺の違いだった!

<汗臭が出る汗腺>
汗臭が出る汗腺は「エクリン汗腺」といいます。

 

エクリン汗腺は全身に分布していて、気温の上昇や運動している時にかいている汗は、このエクリン汗腺から出ています。

 

エクリン汗腺から出る汗は無色透明で元々無臭です。

 

それが皮脂や雑菌と混ざり汗臭を発生させます。

 

<ワキガ臭が出る汗腺>
一方で、ワキガ臭の原因となる汗は「アポクリン汗腺」から出ます。

 

アポクリン汗腺から出る汗には脂質やたんぱく質を多く含んでおり、色は乳白色です。

 

臭いが発生する原理は汗臭と同じで、皮脂や雑菌と混ざり合うことでワキガ臭を発生させます。

 

ワキガ臭を防ぐ方法

<脇汗を拭き取る>
ワキガ臭の原因は汗をそのまま放置し雑菌と混ざりあうことで発生するので、汗が出てすぐならワキガ臭は発生しません。

 

なので、臭いが出始める前にこまめに脇汗を拭き取ることが大切です。

 

 

<食生活の改善>
肉中心などの動物性脂質が多い食生活を送っているとワキガ臭を強くしてしまう可能性があります。

 

食べてはいけない。というわけではありませんが、魚類や海藻類・野菜や果物などバランスの良い食事を心がけ、身体の内側からケアしましょう。

 

 

<わき毛を綺麗に処理する>
わき毛がある状態は雑菌が繁殖しやすい環境になってしまいます。

 

アポクリン汗腺から出た汗がわき毛に付着すると、洗ったり拭いたりしても取れにくくなってしまいます。

 

処理をするのも、刺激が強い除毛クリームや毛抜きで抜くなどは逆効果になるので気を付けましょう。

 

 

<制汗剤を使用する>
一番手軽にワキガ臭を抑えるのに制汗剤がオススメです。臭いの元となる雑菌を除去してから使用しましょう。

 

制汗剤はスプレータイプが一般的ですが、脇を乾燥させてしまい汗や皮脂が余分に出てしまいます。

 

保湿効果があり、なおかつ臭いを抑えてくれる制汗剤がおすすめです。

 

ワキガ臭を自覚するには?

ワキガ臭と汗の臭いの違いをご紹介してきましたが、自分の脇から出ている臭いがワキガ臭なのか確認するためにはどうしたらよいのでしょうか?

 

ワキガ臭のセルフチェックの方法があるので、こちらを参考にしてみてくださいね!
ワキガかも?!ワキガのセルフチェック方法

 

セルフチェックすることで「これがワキガ臭だったんだ!」と気が付けるかもしれません。

 

自分がワキガだと知ったらとてもショックですが、気がつけばきちんと対処することができるので、食生活の改善や脇のケア・制汗剤でのケアなどでワキガ臭の改善をしてみてくださいね。