ワキガかもしれない?まずはセルフチェック!どんな臭い?特徴は?

汗をかいている時に自分の脇から嫌な臭いがしたら「あれ?もしかしてワキガ?」と気になってしまいますよね。

 

知らず知らずのうちに「人に迷惑をかけていたらどうしよう」「周りから臭いと思われているかもしれない」と不安になってしまいますよね。

 

ワキガのニオイを発していても臭いに慣れてしまっているので、自覚がない・気が付かないというのはよく聞きます。

 

自分がワキガかどうか知るには、皮膚科で診断してもらうのが一番確実ですが、とてもデリケートなことなので、病院に行くのをためらってしまう人も多いようです。

 

病院に行かなくても自分がワキガかどうかチェックする方法があるので、ご紹介していきます。

 

そして、臭いの特徴やワキガ臭の対策などについても説明していますので、参考にしてみてくださいね。

 

ワキガのセルフチェック

洋服の脇の部分に黄色い汗ジミがつく

汗をかくと誰でも脇の下に汗ジミがつき、洗濯をすればその汗ジミも残りません。
しかし、ワキガの場合は「黄色い汗ジミ」が残ってしまいます。
この黄色い汗ジミが洋服に残っている場合はワキガの可能性が高いです。

 

耳垢が湿っている

耳垢にはカサカサしているドライタイプと、湿っているウェットタイプがあり、ウェットタイプの方はワキガの可能性が高いです。
ワキガと耳垢は何の関係も無いように感じますが、深く関係しています。
綿棒で耳垢を取った時に、綿棒が湿る程度だと経度のワキガ体質の可能性があり、べっとりとした耳垢が綿棒についている場合は重度のワキガ体質の可能性があります。

 

家族や親せきにワキガ体質の人がいる

ワキガ体質は高い確率で遺伝します。
遺伝には優性遺伝と劣性遺伝があり、ワキガは優性遺伝することが分かっています。
優性遺伝とは、「受け継がれやすい遺伝」ということなので、家族や親せきにワキガの人がいる場合は遺伝している可能性があるのです。

 

わき毛の量が多い

ワキガの原因であるアポクリン汗腺の出口は毛穴と合流しているので、毛深い人はワキガ臭が発生しやすいのです。
もちろん毛深い人が必ずしもワキガであるというわけではありませんが、体毛が濃ければその分アポクリン汗腺が多いため臭いが発生しやすいということです。
エステで永久脱毛をしてアポクリン汗腺を塞げばワキガは治るかというと、そうではありません。
一時的に臭いがおさまる可能性はありますが、再び汗腺が開き臭いを発することになります。

 

脇の下に白い粉や塊がつく

制汗剤などを使用していないのに、脇の下に白い物がついている場合はワキガの可能性が非常に高いです。
理由は、アポクリン汗腺からは様々な分泌物が出てきます。
その分泌物が結晶となり、白い粉状や塊になって脇の下に付着しているのです。

 

ワキガ臭の特徴

ワキガ臭が具体的にどんな臭いがするのか、代表的に例えられている臭いをいくつかご紹介します。

≪ワキガ臭に似ていると言われている代表的な臭い≫
鉛筆 たまねぎ グレープフルーツ 納豆 ネギ カレー 甘い臭い
※脇から甘い臭いがする場合は、ワキガよりも糖尿病の原因の可能性があります。

また、臭いのセルフチェック方法としてサランラップやティッシュを使ってチェックすることもできます。

 

サランラップやティッシュを脇の下に挟んだ状態で汗をかき、その臭いをチェックしてみましょう。

 

臭いチェックは、一度入浴して行うと嗅覚がリセットされて臭いを判別しやすくなります。

 

ワキガ臭の対策

ワキガの臭いは、人から指摘されるのも一つの判断基準になります。

 

家族・友人・恋人などから指摘された時は、恥ずかしいと思ったり、怒ったりせず、アナタのことを思って教えてくれたのですから気を付けてケアできる。と前向きに受け止めましょう。

 

そしてワキガ臭の対策方法としてはいくつかの方法がありますのでご紹介していきますね。

 

生活習慣を見直す

肉や脂質の多い食べ物などの偏った食事をしている場合は、汗や皮脂の分泌が進み臭いの元になる材料を増やすことになります。
食生活を見直すことで、体臭を抑えることも可能です。

 

また、アルコールやタバコも汗腺を活発化させる原因となり、汗の量が増えることで臭いやすくなります。
アルコールの分解臭やニコチン臭が加わり、ますます臭いを悪化させるので臭いが気になる方はなるべく控えるように努力してみましょう。

ワキガ専用のデオドラントでケアする

ワキガを完全に治す方法には手術などの方法がありますが、手術費用や手術の後の痛み・不自由さなどから覚悟を持って臨まなければなりません。

 

しかし、臭いを抑えるデオドラントを使い続けることでワキガ臭が減ったというケースもとても多いのです。

 

ワキガ臭に効果的なデオドラント製品は多くありますが、中でも「効果を実感できた!」とネットで話題になっているのが「ラポマイン」です。

 

ドラッグストアなどで購入できるデオドラント製品は汗を抑えるものが多く、脇を乾燥させてしまう物が多いです。

 

乾燥することで、脇がもっと汗や皮脂を分泌しなければ!と思い、ワキガ臭の原因をより分泌してしまいます。

 

ラポマインは保湿しながらワキガ臭を抑制する効果があるので、継続的に使用した人が「脇の臭いが気にならなくなった」ということで大好評になっているのです。

ラポマインについて詳しく知りたい方はこちらをご覧ください。
ワキガ臭対策に効果的な「ラポマイン」

 

今回は、ワキガのセルフチェック方法や臭いの種類・対策についてご紹介させていただきました。

 

ワキガに限らずですが、体臭はとてもデリケートな悩みなので人から指摘されることが少ないため気が付かない人が多いです。

 

自分の身体の臭いが気になる方は、セルフチェックをしてみるのも一つの手段でしょう。

 

セルフチェックをしてみて「ワキガかもしれない」と気がついたら、自分にあった対策方法を見つけてケアしていきましょうね!